糖尿病治療にはアカルボース

アカルボースとは糖尿病治療薬の中でも糖毒性を抑えた作用のある成分です。主にグルコバイなどの糖尿病治療薬の成分に含まれており、病院や個人輸入にて購入することが可能です。

アカルボースってどんな成分?

アカルボースは、市販されている様々な糖尿病治療薬のうちの一つで、食事後の血糖値の上昇を抑える作用があります。
具体的には、通常炭水化物や糖質は口から摂取され、唾液によって消化され、小腸でさらに消化酵素によって消化されることで、体内に吸収できるブドウ糖という形に分解されます。
アカルボースは、この小腸における消化酵素を阻害することによって、糖のブドウ糖への分解を抑制します。
その結果、食事に含まれる炭水化物や糖質の分解が遅れ、血糖値の上昇が抑えられかつなだらかに上昇します。
また、血糖値の急激な変化が食後2、3時間後の空腹感につながりおやつなどを食べたくなりますが、血糖値がなだらかになったことで空腹感も起こりにくくなります。
副作用の面において、このアカルボースはあまり体内に吸収されません。
わずかに吸収されたアカルボースは体内で作用することなく腎臓から排泄されます。したがって、重大な副作用の心配は少ないと言えます。
ただし、医師の指示通り服用しない場合や発熱時などに低血糖を引き起こす可能性があります。
アカルボースは他の糖尿病治療薬と比較して単独での低血糖の発症リスクは高くないものですが、インスリン注射やインスリンの分泌を促進する薬と併用した場合には高くなるので注意が必要です。
その他、軽度の副作用としておならが出ることや下痢などの消化器症状があります。
これは糖が消化されないまま下部消化管まで移動するとそこにいる腸内細菌が糖を利用することでガスが発生したり、便の浸透圧の変化が起こるためです。
これらの副作用は、その多くは数日服用することで起こらなくなっていきます。
上記のように比較的安全に服用できる成分ですので、医師の指示に従って服用すれば不安になることはないでしょう。

アカルボースの作用機序について

人が食事をした場合、食事の中に含まれる炭水化物は、口腔、食道、胃、そして小腸にゆき、途中アミラーゼと言う酵素でオリゴ糖や三糖類や二糖類に分解されます。
小腸でこれらの糖類はαグルコシダーゼという酵素によりブドウ糖にまで分解されて小腸から吸収され、血糖となります。
そこで、膵臓からでるインスリンというホルモンによって、身体の中の細胞に吸収され人が活動した時のエネルギーや体力を保ってゆくためのエネルギーとなります。
アカルボースの作用機序は、炭水化物をブドウ糖にまで分解する酵素アミラーゼとαグルコシダーゼの活性を阻害して、炭水化物の消化を妨げ、血糖値が食後急激に上昇する事を防ぐことです。
その結果、長期的にみてヘモグロビンA1cが上昇します。
なお、ヘモグロビンA1cとは、血管の中でブドウ糖がヘモグロビンと結びつきグリコヘモグロビンとなります。
赤血球の寿命は、120日といわれており、赤血球は血管の中で過剰のブドウ糖と結びついて存在しています。
したがって、ヘモグロビンA1cは赤血球の寿命の半分位の時期の血糖値を示します。
そのため、検査をしたら1~2カ月くらい前の血糖値の平均を示しています。
インスリンの分泌量が減るので、膵臓への負担が減ります。
この結果血糖値を正常範囲に保つことができ、インスリンの分泌が悪かったり、インスリンが分泌しても効果が出にくくて糖尿病と言われている人の血糖値をアカルボースを飲むことで、低く抑えることができ、血糖値が高いままだと将来起きる可能性のある手足のしびれ(神経障害)や網膜へのダメージや腎臓障害を防ぐことができます。
アカルボースをのむとき、注意すべき事は炭水化物の消化が遅れるため、お腹がごろごろしたり、便が柔らかくなったりすることがあります。

アカルボースを成分とするグルコバイとは

食事として澱粉(米とかパンとか麺類など)を摂取する場合、まずアミラーゼによってオリゴ糖に分解され、さらに二糖類に分解され、最後に小腸のαグルコシダーゼによって、ブドウ糖に分解されて小腸から血液中に吸収されます。
血液中に入ったブドウ糖は膵臓から分泌されるインスリンホルモンによって、細胞に吸収され、さらに分解されてエネルギーがとりだされそのエネルギーで人は体を守ったり、身体を動かすエネルギーを得ているのです。
糖尿病と診断され、インスリンが出にくかったり、出ていてもインスリンの効果が悪い人の場合は、食後二時間くらいの血糖値が高くなり、この状態が続くと、手足がしびれる(神経障害)や目が見えなくなる(目の網膜の障害)や腎臓障害を起こします。
このような状態を避けるための薬としてアカルボースが開発されました。
アカルボースは、食事としてとった澱粉をオリゴ糖に分解するアミラーゼ阻害作用と二糖類をブドウ糖に吸収するαグルコシダーゼの活性阻害作用があります。
この作用により、小腸でのグルコースの吸収が遅れ、食後血糖値の上昇がゆっくりとなり、インスリンの分泌が遅れ、膵臓に負担がかからなくなります。
アカルボースの商品名はグルコバイといい、他の血糖降下薬と一緒に用いられます。
食前に一日三回飲み、飲み忘れに気が付くと、食事中に飲んでもいいですが食後時間を置いて飲んではアカルボースの効果はありません。
注意すべき事は飲み始めにお腹の調子が悪くなることがあります。
お腹がごろごろしたり、軟便になったり回数が増えることがありますが、次第になれます。ただ、吐き気が強い場合は医師に相談をしましょう。
他の高血糖治療薬と一緒に飲んでいると、低血糖になる場合が、あります。
震え、寒さ、けいれん意識混濁が起きた場合はすぐにグルコース錠を飲みましょう。
また、時折肝障害が報告されていますので、定期的に肝臓検査を受けましょう。

■糖尿病の薬はインターネットで!通販出来るサイトはこちら!
薬が通販で買える時代到来